1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 電子版を本紙とセット提供開始 山梨日日、琉球

電子版を本紙とセット提供開始 山梨日日、琉球

 山梨日日新聞社は7月1日、本紙と朝刊電子版、電子夕刊「Web Sannichi Evening」をセットで提供するサービス「山日プラスデジタル」を開始した。購読料は月4057円。山梨県外限定で配信していた朝刊電子版を、県内でも購読できる。琉球新報社も6月15日、県外向けの「琉球新報電子新聞」を本紙と合わせて月3290円で提供する「ダブルプラン」を始めた。

 山梨日日は昨年4月に電子版朝夕刊の配信を開始した。朝刊は本紙と同じ月3007円、夕刊は月1260円。紙面をそのまま見ることができる朝刊電子版は、これまで購読を県外在住者に限定していた。小林弘英コンテンツ事業局長は「県外出張などの際にも読みたいというニーズがあった」と話している。朝刊電子版単独購読は、引き続き県外在住者に限る。

 琉球は2011年1月に県外限定で電子新聞をスタート。ダブルプラン開始と合わせ、県内在住者の電子新聞のみの購読も可能にした。電子新聞単独の購読料は本紙と同じ月2990円。

 両社の電子版は、いずれも共同の配信システム「ニュースオアシス」を使用している。

ページの先頭へ