1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 神戸が電力需給逼迫時に緊急メール配信 読者クラブ会員向け

神戸が電力需給逼迫時に緊急メール配信 読者クラブ会員向け

 夏の電力不足に備えた政府による節電要請が始まった7月2日、神戸新聞社は電力需給が逼迫(ひっぱく)した場合に緊急メールを送るサービスを始めた。読者クラブ「ミントクラブ」のメールマガジン会員3万人が対象。関西電力管内の電力使用率が97%を超える可能性がある際に、緊急メールを送信する。電力不足が予測される間は継続する。節電要請が出された昨年夏・冬にも同様のサービスを実施したが、実際に緊急メールを送るケースはなかった。

 豊田瑞樹読者サポートセンター副センター長は「電力の速報は即座にニュースサイトに掲載し、会員にメールを送信する。社会部のウェブ編集室と連係して臨みたい」と述べた。

ページの先頭へ