日経が学生応援企画で記者講座を開催

 日本経済新聞社は今夏、公開講座「日経NEWSキャンパス 記者の解説、身につく3時間」を開催する。今年からスタートした「学生応援プロジェクト」の第1弾。就職難、経済不況など学生を取り巻く環境が厳しい中、近い将来社会人として活躍する若者をサポートしようという企画だ。

 講座の開催は8月27、29、31日、9月4、6日の5日間。受講料は無料で1日3テーマ50分ずつ計約3時間の講座に、1日180人の学生を招待する。経済、政治、スポーツなどの話題を論説委員、編集委員ら15人の記者が分かりやすく解説する。学生との討論の機会も設ける。

 今後は「学生がどのようなサポートを求めているのか調査しながら具体的な取り組みを検討していく」(広報グループ)という。

ページの先頭へ