1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. オスプレイ問題、別刷りで伝える 琉球 

オスプレイ問題、別刷りで伝える 琉球 

 琉球新報社は8月4日付で、在日米軍基地への配備の是非が議論されている垂直離着陸輸送機オスプレイについて、危険性や配備強行の問題点などをまとめた8ページの別刷りを発行した。5日に予定されていたオスプレイ配備に反対する沖縄県民大会に合わせて制作したが、台風11号の影響で大会は9月9日に延期になった。

 別刷りでは、米国の専門家の証言や国防総省関連機関の報告書などを基に、配備の問題点を検証。普久原均編集局次長兼報道本部長は「これまでも連載や特集で指摘してきたが、コンパクトにまとめることでより鮮明に伝えられるのではないか」と話している。

 生まれた時から米軍基地のある風景を日常としてきた復帰後世代3人の座談会を収録。オスプレイ配備、県民大会の意義などについて語り合っている。「若い世代の人たちも問題意識を持って、現状を克服しようという動きがあることも読者に伝えたい」(普久原氏)としている。

ページの先頭へ