1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 信濃毎日が信州大と包括連携協定 地域貢献を推進

信濃毎日が信州大と包括連携協定 地域貢献を推進

 信濃毎日新聞社と信州大学(本部・松本市)は8月21日、人材育成や地域振興につながる施策についての情報交換などを柱とする包括的な連携・協力協定「信州はつらつプロジェクト」を締結した。長野県域を中心に両者の地域貢献を推進することが狙い。

 協定は今後、県民から愛称を募集する。①人材育成や生涯教育の推進②地域振興や活力の創成につながる施策についての情報交換③講演会などの共同開催④インターンシップなどの現地学習の推進―で連携するという内容。有効期間は3年間。

 かねて信濃毎日寄付講座の設置やインターンシップなどさまざまな分野で交流してきた。小坂壮太郎代表取締役社長は同日の会見で「個別の協力事例を包括提携の中に位置付け直し、地域貢献の質を高めたい」と述べた。

ページの先頭へ