1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. ロンドン五輪写真展始まる 選手らの写真40点を展示 ニュースパーク

ロンドン五輪写真展始まる 選手らの写真40点を展示 ニュースパーク

 日本新聞博物館(横浜市、ニュースパーク)で9月13日から特別展示「あの感動をふたたび―ロンドン五輪報道写真展」が始まった。東京写真記者協会と新聞協会加盟14紙の協力を得て、写真40点を展示する。30日まで開催する。

 開会式の華やかな様子から始まり、東京・銀座で行われた五輪メダリストの凱旋(がいせん)パレードまでを、ほぼ時系列で追っている。勝敗を分けた一瞬を切り取った写真だけでなく、跳馬の演技をする内村航平選手の連続合成写真や、ロンドン市内のあちこちに登場した五輪マスコットの写真を集めて1枚にした作品なども展示。メダルを手にした選手が手を振る新聞紙面でおなじみの写真も、大きなサイズで見ることができる。

 ゼミの友人18人と大阪市から来たという関西大の田中茜さん(20)は、「新聞で見るよりも写真が大きく、とても臨場感がある」と、柔道女子57キロ級決勝での鬼気迫る松本薫選手の写真が特に印象に残ったようだ。長谷川純菜さん(20)も、「テレビで見るより、選手の表情がはっきり見える」と、表彰台の選手の晴れ晴れした表情に見入っていた。

ページの先頭へ