アセアン研修計画で7記者が来日

 新聞協会が実施する第33回アセアン記者研修計画に参加する7人が9月23日、来日した。24日にはフォーリンプレスセンターなどを表敬訪問。25日から毎日新聞東京本社や共同通信社、新聞博物館を訪ねるほか、東北や名古屋を視察する。

 参加者はインドネシア、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの7か国の7記者。10月2日には取材記者の安全確保の取り組みをテーマに、参加者らが各国のメディア事情を報告する。

ページの先頭へ