1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. 地域貢献大賞に三重県朝日会四日市支部の「新聞スクラップ」 活字文化に触れる機会提供 

地域貢献大賞に三重県朝日会四日市支部の「新聞スクラップ」 活字文化に触れる機会提供 

コンテスト通じ地域と交流

 新聞協会は10月3日、2012年「日本新聞協会 地域貢献大賞」を、三重県朝日会四日市支部(嶋伸夫代表)の「新聞スクラップコンテスト」に授賞すると発表した。コンテストを通じて積極的に活字文化に触れる機会を提供している取り組みで、販売所が長く地域の子供たちと積極的に交流している点や、年々応募が増えていることが高く評価された。このほか地域貢献賞22件を選んだ。授賞式は11月15日、東京・内幸町のプレスセンターホールで開く。

 大賞を受賞した同支部は、三重県四日市市・菰野町・朝日町の朝日新聞4販売所長で組織。無購読者層が現れたことに危機感を感じ、1974年から四日市市教育委員会と共催で新聞スクラップコンテストを実施してきた。

 2011年の応募は7065点で、年々増えている。作品の募集から展示、後片付けまでを支部の所長と作業員で行っている。

 コンテストのテーマは自由で、自分の考えや感想を付けて応募する。どの新聞を切り抜いても良いとしており、その点も新聞離れ対策として特筆できると評価された。 

ページの先頭へ