欧州記者研修計画で4人が来日

 新聞協会が実施する2012年欧州記者フェローシップ計画に参加するため、チェコ、デンマーク、ルーマニア、英国から記者4人が11月18日、来日した。19日には新聞協会で日本のマス・メディア概況について説明を受けた。30日に離日する。

 一行は、NHKで本保晃科学・文化部長から原発事故報道について話を聞くほか、東京新聞の豊田洋一論説委員から日本の政治状況に関するブリーフィングを受ける。広島では中国新聞社を訪ね、ヒロシマ平和メディアセンターの田城明センター長から平和と原爆報道について、東京に戻って毎日東京の小川一編集編成局総務からソーシャルメディアを活用した情報発信について、それぞれ話を聞く。

 このほか、トヨタ自動車や新聞博物館、東京・秋葉原、京都などを視察する。 

ページの先頭へ