1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. スカイツリー試験放送へ NHKと在京民放5局 電波障害問題で

スカイツリー試験放送へ NHKと在京民放5局 電波障害問題で

 東京スカイツリーへの送信所移転に伴う電波障害が判明した問題で、NHKと在京民放キー5局は11月22日、スカイツリーから地上波テレビ放送の電波を照射する試験を、12月22日から実施すると発表した。来年1月下旬まで計5回、毎週土曜(12月29日を除く)午前4時58分から5時まで送出する。

 東京タワーからの送信所移転は、来年5月ごろを予定している。テレビやワンセグ放送が視聴しやすくなる一方で、一部の世帯で視聴に障害が発生することがある。スカイツリーの方向に建物があって電波が弱まる場合や、電波が強すぎ、これまでの増幅装置が正常に動作しない場合などが想定される。

 試験放送では2分間のうち数十秒程度の間、スカイツリーから電波を照射。この間、視聴者に6局7波の視聴状態を確認してもらう。障害が生じている場合は、6局が負担して工事業者を派遣し、アンテナ調整などを行う。

 TBSテレビの豊中俊榮常務取締役は会見で、「少しでも早く対策がとれるよう、障害が発生したら知らせてほしい」と話した。 

ページの先頭へ