1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. 東京機械に技術開発賞 デジタル印刷機、日本初の実稼働

東京機械に技術開発賞 デジタル印刷機、日本初の実稼働

 新聞協会技術委員会は1月11日、2012年技術開発賞を東京機械製作所の新聞デジタル印刷機「ジェットリーダー1500」に授賞することを決めた。新聞製作技術展(JANPS)に出展された中から選ばれる同賞は、前々回(07年)、前回(09年)と2回続けて該当がなく、授賞は05年以来7年ぶり。23日の理事会の了承を得て正式決定し、3月の理事会で表彰する。技術委員会は併せて技術開発奨励賞5件を選んだ。3月の委員会で表彰する。

 ジェットリーダー1500は、紙面データの受け取りから折りまで一貫した新聞製作が可能。ブロード判からタブロイド判までさまざまなサイズの折りに対応できる「バリアブルフォルダー」を備える。刷版が不要で少部数・多媒体の印刷に適している。新聞印刷用のデジタル印刷機として日本で初めて実稼働し、新聞印刷技術の将来への貢献が期待される。

 技術開発奨励賞は▽クロスデザイン「クロスメディアクラウドサービス『LEPUS』」▽清水製作「ブランケットクリーナーSSBC―T10」▽ストラパック「カウンタースタッカーNCS―7」▽東芝ソリューション「販売管理ソリューション」▽東洋インキ「新聞印刷用オフセット輪転機向け紙面検査装置Toyoassistant―FX2」―の5件に授賞した。

 このほか、JANPSに初出展した千葉大大学院融合科学研究科の3研究室、東京工芸大工学部メディア画像学科、東京電機大エルゴノミクスデザイン研究室、日本プリンティングアカデミーにそれぞれ感謝状と記念品を贈る。

ページの先頭へ