読売坂出工場で朝日の印刷拡大

 朝日新聞社と読売新聞社は3月1日、読売新聞坂出工場(香川県坂出市、運営・メディアプレス瀬戸内)で印刷している朝日朝刊の印刷部数を、四国4県の遠隔地向け4万部から、徳島を除く四国3県と岡山県全域向け15万5600部に拡大したと発表した。拡大は同日付から。これに伴い、朝日は四国工場(香川県丸亀市、朝日プリンテック)の操業を停止、徳島県向けを大阪工場(大阪市、トッパンメディアプリンテック関西)で印刷する。

 朝日の週末別刷り「be」19万部と「GLOBE」13万2千部、朝日が受託している日刊スポーツと日本農業新聞も印刷する。いずれも朝日四国工場で印刷していた。

 朝日と読売は2008年10月、相互に印刷を委託しあうことで基本合意した。11年6月には朝日の船橋工場(千葉県船橋市、朝日プリンテック)で読売の朝夕刊21万部を印刷を開始。読売坂出工場では同6月から「be」21万部、同12月から朝日朝刊4万部を印刷していた。

ページの先頭へ