1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 十勝毎日が広告局分社化 グループ会社と連携強化へ

十勝毎日が広告局分社化 グループ会社と連携強化へ

 十勝毎日新聞社は4月1日、広告局を分社化し、完全子会社「CMC」を設立した。十勝毎日の林浩史代表取締役社長が社長を兼任、和田郁夫執行役員広告局長が出向して常務取締役に就く。グループ会社の帯広シティーケーブル(OCTV)やエフエムおびひろ(FM―JAGA)と連携を強め、広告やイベントの企画、提案を強化する狙いだ。

 資本金2千万円。社員58人で、十勝毎日の正社員は出向、契約社員らは転籍とした。4月に2人の社員を新規採用しており、今後も独自採用を実施する。CMCはクロス・メディア・コミュニケーションの頭文字。十勝毎日の能勢雄太郎社長室長は、「広告枠を売ればよいという社内意識の改革を目指した」と説明している。

ページの先頭へ