1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 朝日が東奥に印刷委託 2016年春から 青森向けなど3~4万部

朝日が東奥に印刷委託 2016年春から 青森向けなど3~4万部

 朝日新聞社と東奥日報社は4月17日、青森県全域と岩手、秋田両県の一部向け朝日新聞朝刊3~4万部について、2016年春ごろから東奥の子会社・東奥日報印刷センター(青森市)で印刷することで基本合意したと発表した。朝日が現在、朝日新聞弘前工場(青森県弘前市、運営・朝日弘前プリンテック)で印刷している全ての部数を委託する。朝日は老朽化が進む弘前工場での印刷を東奥に委託することでコスト削減を図る。

 東奥日報印刷センターは15年夏を目標に輪転機の更新作業を進めており、現在2セットの輪転機を3セットに増やす。朝日と東奥は印刷協力のほか共同輸送や販売提携についても協議を進める。

 朝日は1975年から陸奥新報社に印刷を委託。89年には陸奥の所有する土地に朝日が印刷センターを建設し、陸奥が建物を管理・運営してきた。99年に両社などが出資して朝日弘前プリンテックを設立。現在は朝日、日刊スポーツ、日本農業、陸奥を印刷している。16年春以降の弘前工場の業務計画について朝日は、「現時点では未定」(広報部)としている。

 東奥の印刷受託は初めて。朝日は十勝毎日、河北、新潟、中国、南日本に印刷を委託しているほか、読売、日経、中日とそれぞれ相互印刷の協定を結んでいる。

ページの先頭へ