1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 静岡が県立図書館と「新聞展」開く NIE全国大会に向け企画

静岡が県立図書館と「新聞展」開く NIE全国大会に向け企画

 静岡新聞社は6月1日から、静岡県立中央図書館で「ふじのくにの新聞」展を開催している。来月25日に迫った第18回NIE全国大会の開幕に向け、同館と展開している新聞利用促進キャンペーンの第2弾だ。静岡がこれまで発行してきた号外や、県内で編集・発行されている地域紙を展示している。

 4月末から5月にかけて実施した第1弾では「静岡発NIE ふじのくにの学校と新聞」をテーマに、静岡新聞感想文、静岡県学校新聞の両コンクールの優秀作品を展示した。これまでの大会を振り返りながら、NIEの実践事例もパネルで紹介した。現在、県内の公立図書館で巡回展が開かれており、大会当日は会場にも展示される。今回の第2弾も同27日までの展示期間終了後、県内を巡回する。

 企画展に合わせ、新聞協会が認定するNIEアドバイザーや静岡の築地茂論説委員の講演など、さまざまなイベントを開く。鈴木正美新聞本部ふれあい読者室専任部長は、「一般の県民が目を留める機会を増やし、より広い層に大会への関心を持ってほしい」と話している。

ページの先頭へ