1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. ネット選挙、参院選で解禁 候補予定30人の対応一覧に 河北

ネット選挙、参院選で解禁 候補予定30人の対応一覧に 河北

 河北新報社は6月12日、インターネット選挙が解禁される7月の参院選を前に、東北6県の立候補予定者30人がネット上に開設したサイト・アカウントの一覧を、同社のホームページで公開した。ホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブへの対応状況をまとめ、各サイトとリンクさせた。

 ネット選挙では別人による成り済ましが懸念される。一覧の公開に当たり、政党の公式ページとリンクされていないサイトは、各陣営の事務所に直接問い合わせた。公開で公選法上の問題とならないことも総務省に確かめた。

 リストは①参院の各党勢力②現職・元職・新人③五十音―の順で示した。公示日からは立候補届け出順に改める。

 八浪英明デジタル編集部長は「ツイッターのつぶやきを一覧で表示することも検討したが、6県の立候補予定者のツイッター利用には差がある。内容が特定の候補者に偏らないよう留意した」と話している。

ページの先頭へ