1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 京都が持ち株会社体制に 来春移行 グループ経営の効率化図る

京都が持ち株会社体制に 来春移行 グループ経営の効率化図る

 京都新聞社は6月27日、持ち株会社体制に2014年4月1日付で移行することを決めた。新聞編集事業とグループ会社運営支援を担う新会社「京都新聞社」を設立し、持ち株会社となる現在の京都新聞社の商号を「京都新聞ホールディングス」に変更する。

 ホールディングスは京都新聞社、京都新聞COM、京都新聞印刷など10社を傘下に置く。京都新聞COMの松山和義取締役管理担当管理統括本部長総合管理室長は、「グループ経営の効率化を図ると共に、新聞事業以外の新規事業を開拓し、新たな収益源を探る」と狙いを説明している。グループ各社の役割と責任を明確にし、意思決定の迅速化を進めたい考えだ。

ページの先頭へ