1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. NHK受信料支払い命令 双方の主張踏まえ初判断 横浜地裁相模原支部

NHK受信料支払い命令 双方の主張踏まえ初判断 横浜地裁相模原支部

 NHKが相模原市在住の男性に受信契約と受信料支払いを求めた訴訟の判決が6月27日、横浜地裁相模原支部であった。小池喜彦裁判官は、男性に契約締結と受信料10万9640円の支払いを命じた。NHKによると、同様の訴訟で裁判所が双方の主張を踏まえ判断を示したのは初めて。被告の反論がないままNHKの請求を認めた判決は、これまでに5件出ている。

 NHKは2009年1月、男性宅にテレビが設置されていることを確認し、契約を結ぶよう求めていた。男性は、東日本大震災でテレビが壊れたなどと主張していた。

 小池裁判官は、契約を申し込む通知が男性に届いて一定期間過ぎれば契約は成立するとのNHKの主張を退けた。一方で、放送法が契約の締結義務を定めていると指摘。「契約を応諾する意思表示を命じる判決で、契約を締結させ、支払いを求めることができる」として、09年2月から13年1月までの受信料を支払うよう命じた。

 NHKは「放送法の定めに沿った適切な判決だと受け止めている。今後とも、受信料を公平に負担していただくための取り組みを進める」とコメントした。

ページの先頭へ