1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. ニュースオアシスに不正アクセス 共同、運用を一時停止

ニュースオアシスに不正アクセス 共同、運用を一時停止

 共同通信社は7月18日、加盟社の電子新聞発行を支援する紙面配信システム「ニュースオアシス」に不正なアクセスがあったとして、運用を一時停止した。翌日の運用再開までの間、代替サイトで配信した。

 同社によると、7月上旬に外部からの不正な接続履歴が見つかった。詳しい調査を依頼したセキュリティー専門会社から、読者のパソコンなどがウイルスに感染する危険性を指摘されたことから、被害防止策を講じるため、18日午後8時ごろにサービスを停止した。サイトはセキュリティーレベルを上げ、19日午後5時ごろにほぼ復旧させた。

 現時点で被害は確認されていない。また、同社が管理するほかのサーバーへの不正アクセスも確認されていない。

 ニュースオアシスは新聞紙面イメージを配信する課金サービスで、2010年12月に運用を始めた。道新スポーツが発行する「週刊釣り新聞ほっかいどう」、山梨日日と同紙の電子夕刊「Web Sannichi Evening」、福井、奈良、中国、琉球の紙面を配信している。

ページの先頭へ