1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 産経が整理・校閲を分社化 130人出向、外部の業務受託も

産経が整理・校閲を分社化 130人出向、外部の業務受託も

 産経新聞社は10月1日、整理・校閲部門を分社化し、「産経編集センター」を設立した。かねて外部の刊行物の編集作業を受注していた東京本社編集局編集センターの一部と東京・大阪両本社整理部の一部、校閲部の全社員計130人が出向する。代表取締役社長には、東京本社業務企画統括を務めていた伊藤浩氏が就任した。

 本紙県版や、産経エクスプレス、フジサンケイビジネスアイの整理・校閲を行うほか、大学新聞など外部の刊行物の制作を受託する。外部の刊行物については企画や取材も手掛ける。伊藤氏は、「産経新聞グループとして、新しい収益源の模索が狙い。分社化した方が機動性が上がる」と話している。

ページの先頭へ