1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 2テレビ局に放送倫理違反 BPO「選挙の公平性損なう」

2テレビ局に放送倫理違反 BPO「選挙の公平性損なう」

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長=川端和治弁護士)は1月8日、昨年7月の参院選の公示日直前にニュース番組で特定の立候補予定者を取り上げた関西テレビと、投開票日に別の候補者が出演するバラエティー番組を放送したテレビ熊本に対し、「選挙の公平・公正性を損なう放送倫理違反があった」などとする意見書を公表した。

 関西テレビは昨年6月10日、ニュース番組「スーパーニュースアンカー」のネット選挙解禁の特集の中で、比例区の立候補予定者を約2分間紹介した。民放連は、公示日まで1か月を切ってからは選挙の事前運動の疑いがある番組は取り扱わないとする基準を設けている。公示予定日は7月4日だった。同委は「選挙の事前運動と同等の機能を果たしていると言わざるを得ない」とした。

 テレビ熊本は7月21日、情報バラエティー番組「百識王」で、比例区の候補者の手帳活用術を約2分間流した。同委は、選挙に対する全社的な意識が不足していたと結論付けた。

 両社は意見書を受け、「放送倫理を順守し、選挙の公平・公正性の実現に努め、視聴者の信頼を回復できるよう取り組む」(関西テレビ)、「今後視聴者の信頼を回復できるよう全力で取り組む」(テレビ熊本)とのコメントを発表した。

ページの先頭へ