1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 毎日と大分合同が協定 災害時の新聞製作 印刷関連会社も参加

毎日と大分合同が協定 災害時の新聞製作 印刷関連会社も参加

 毎日新聞社と大分合同新聞社は1月23日、毎日の印刷関連会社・毎日新聞九州センター(佐賀県鳥栖市)を加えた3社で「緊急事態発生時における新聞印刷援助に関する協定」を締結した。地震などの自然災害やシステム障害で新聞製作が困難になった場合に、印刷と発送で相互に協力する。

 有効期間は3年間。2015年度に稼働する大分合同の新工場の運用が安定した後は、新たな協定を検討するとしている。

 毎日は産経、北海道、苫小牧、東奥、福島民報、下野、上毛、佐賀の各社・関連会社と、大分合同は下野、愛媛、高知、熊本日日の各社と、新聞発行に関する協定を締結している。

ページの先頭へ