1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 「NHKの組織締め直す」 籾井会長が就任会見

「NHKの組織締め直す」 籾井会長が就任会見

 NHKの会長に1月25日、三井物産副社長や日本ユニシス社長を務めた籾井勝人氏が就任した。同日の就任会見で籾井氏は、会長として放送法の順守に取り組むとして、「NHKは伝統ある組織だけに緩んできた部分もあるかもしれない。ボルトとナットを締め直すのが私の役目だ」と述べた。

 また、尖閣諸島(沖縄県)や竹島(島根県)をめぐる領土問題を念頭に、国際放送の強化が急務だとの考えを示した。「日本の主張を国際社会に伝えなければならない。今の報道量が十分かどうか検証する。政府が『右』と言っているものは『左』と言えない」と述べた。

 このほか、個人的な考えと断りつつ、安倍晋三首相の靖国神社参拝や従軍慰安婦についてそれぞれ「総理は信念で行ったので、それはそれで良い」「日本以外にもあった」と発言した。その上で、「放送は全て放送法に基づいて判断し、個人の考えは反映させない。しかし、編集権を有しているのは会長であり、制作現場と意見が異なった場合、最終的に判断する権限は私にある。これは内部ガバナンスの問題だ」と話した。

 放送センター(東京都渋谷区)の建て替えは、東京五輪が開催される2020年に間に合わせるために前倒しする方針を明らかにした。テレビ番組のインターネット同時配信は、「NHKだけが一足飛びに進めるわけにはいかない」とし、慎重に検討する考えを示した。

ページの先頭へ