1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. スマイルとうほくプロジェクト 岩手日報、河北、福島民報が合同で特別紙面

スマイルとうほくプロジェクト 岩手日報、河北、福島民報が合同で特別紙面

 岩手日報社、河北新報社、福島民報社は3月11日、東日本大震災被災地の現状や復興に向けた取り組みを紹介する特別紙面を昨年に続き合同で発行した。2012年から3社で展開している「スマイルとうほくプロジェクト」の一環。各紙の同日付朝刊と併せ配達したほか、東京・渋谷の街頭で配布した。

 特別紙面は8ページで、1面には3紙の題字が並ぶ。新潟日報社、中日新聞社の協力で、それぞれの地元イベントなどでも配られる。20日から沖縄県宜野湾市などで開かれる沖縄国際映画祭の会場での配布には、吉本興業が協力する。

 福島民報の渡辺一志東京支社営業部長は「3年たっても復興が全然進んでいない場所がたくさんある。そうした被災地の状況を、全国の人に知ってほしい」と話している。

 渋谷では特別紙面の街頭配布のほか、デパート入り口前に小型のプラネタリウム型ドームを設置(写真)、被災地の状況や復興に向けて取り組む人々の映像を流した。立体的に写すことで、被災地を少しでも体感してほしいとの思いを込めた。

ページの先頭へ