1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 中日スポ 紙面にビンゴカード掲載 1部ごとに異なる数字 ハイブリッド印刷活用

中日スポ 紙面にビンゴカード掲載 1部ごとに異なる数字 ハイブリッド印刷活用

 中日新聞社はプロ野球開幕に合わせて発行した3月28日付中日スポーツの別刷り特集で、約45万部の全てに1部ごとに異なる数字を組み合わせたビンゴカードを掲載した。デジタル印刷機器を搭載したオフセット輪転機による「ハイブリッド印刷」を活用した企画で、同社は日本の新聞社で初めての試みだとしている。

 5月14~16日に名古屋市で開かれる全日本広告連盟の大会に向け、新たな新聞広告の手法として可変情報を使った広告の展開を考えており、今回はその実験という位置付けだ。東京機械製の輪転機にコダック社の高速デジタル印刷機器「プロスパー」を取り付けて印刷した。

 ビンゴの数字は中日ドラゴンズの支配下68選手の背番号と符合している。当たり番号は同日から3日間、中日スポーツ紙上で発表した。

 井戸義郎取締役広告担当広告局長は「ハイブリッド印刷にはさまざまな可能性がある。広告主の販売促進に寄与できる使い方を研究すると同時に、子供や若者が新聞に親しむきっかけにしていきたい」と話している。

ページの先頭へ