1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 山陽が読者対象の電子版 6月から 本紙未掲載の記事も

山陽が読者対象の電子版 6月から 本紙未掲載の記事も

 山陽新聞社は4月12日、読者を対象にした会員制電子版「山陽新聞デジタル」(愛称・さんデジ)を6月1日に始めると社告した。パソコンやスマートフォンなどで朝刊の主要紙面を閲覧できるビューアーのほか、記事データベース、クリップ機能などを利用できる。本紙に未掲載の写真や記事も掲載する。

 利用料は月378円(税込み)。共同の会員管理課金システムを利用し、クレジットカードで決済する。会員登録は6月から受け付け、8月までは無料で利用できるようにする。電子版開始に伴い、現在のニュースサイトは5月末で終了する。

 高見幸義メディア企画部長は「紙を補完する読者サービスだ」と話している。

ページの先頭へ