「新聞で子育ての輪」刊行 広告委

30社の育児事業を紹介

 新聞協会広告委員会はこのほど、新聞社の子育て関連事業をまとめた事例集「新聞で子育ての輪 新聞社の育児支援事業」を刊行した。昨年度の「私の提言―明日の新聞広告・新聞ビジネス」で最優秀賞を受賞した「新聞社がハブとなれ! 育児支援プラットフォームの設立~紙+デジタルで育児に悩む母親と地域・行政・企業をつなぐ」(朝日大阪・馬場ひろみ氏)を受け、各社の育児支援事業の参考になるよう30社の事例をまとめた。

 自治体や企業と連携して子育てしやすい環境作りをサポートするプロジェクトや、紙面や無料紙での情報提供、親子で参加できるイベントなどの事例を紹介。企画立案の背景や狙い、反響も掲載している。

 広告主企業や広告会社にも配布し、子育て世代を対象にした新聞界の取り組みをPRしていく。ウェブサイト「新聞広告データアーカイブ」からダウンロードできる。

 問い合わせは経営業務部広告担当(電話03・3591・4407)まで。

ページの先頭へ