1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. 第32回日中記者計画 中国4記者が来日 新聞協会

第32回日中記者計画 中国4記者が来日 新聞協会

 新聞協会と中華全国新聞工作者協会による第32回日中記者交流計画が5月13日から始まり、中国側記者団4人が来日した。今回のテーマは「クールジャパン」。テレビ朝日、ドワンゴ、北海道新聞社などを訪問した。一行は19日に離日した。

 13日のレセプションで国際委員会の宇治敏彦委員長(中日新聞社相談役)は、「両国の政府間関係は厳しい状況にある。こういう時こそ、われわれジャーナリストが改善のため努力しなければならない」とあいさつ。中国記者団の徐来見団長(陝西省新聞工作者協会副主席・陝西広播電視台〈ラジオ・テレビ〉副台長)は、「日本のジャーナリストは豊かな経験を持っているので、今回の交流を通じ、有意義なヒントを得られると信じている」と述べた。

 テレビ朝日では、コンテンツビジネス局国際ビジネス開発部の水出雅文国際業務担当部長と堀家正機部員から、番組の海外展開について説明を受けた。記者団からは、テレビ局運営の仕組みやキャラクタービジネスについて多くの質問が出された。

ページの先頭へ