1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 共同、ニュースアプリ提供 埼玉が新サービス開始へ BizLoco

共同、ニュースアプリ提供 埼玉が新サービス開始へ BizLoco

 共同通信社は6月1日、ニュースアプリ「BizLоcо(ビズロコ)」の提供を始めた。加盟社が自社媒体として利用できるのが特長で、10日には埼玉新聞社が、ビズロコを利用したスマートフォンとタブレット端末向けの電子サービス「ビズロコ埼玉」を始める。

 「ビズロコ埼玉」は共同の無料アプリをインストールし、同サービスに登録することで利用できる。料金は月千円で、登録者とその家族4人まで利用できる。登録から1か月は無料。吉田俊一編集局次長は「新聞を購読していない若い人にもニュースを読んでほしい」と話す。埼玉は共同の会員課金管理システムを利用する。

 加盟社の地域ニュースや行楽情報に加え、共同のビジネス、政治、スポーツなどのニュースが見られる仕組みだ。頻繁に閲覧する話題の関連ニュースや、住んでいる地域に関する情報を自動的に配信する機能もある。共同の中村慎一経営企画室長は「読者の潜在的ニーズに合ったニュースを提供するサービスとして、加盟社に広く活用してほしい」としている。

ページの先頭へ