1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. 教科書協会と懇談へ 委員長に南氏(読売東京)【博物館・NIE委員会】

教科書協会と懇談へ 委員長に南氏(読売東京)【博物館・NIE委員会】

 第42回博物館・NIE委員会は7月4日、事務局会議室で開かれ、学習指導要領の改定に向けて教科書会社で構成する教科書協会と懇談することを了承した。下部組織のNIE専門部会と、教科書協会の検定専門委員会で実施する。このほか古本朗委員長(読売東京)の異動に伴い、南砂氏(読売東京・取締役調査研究本部長)を委員長に選任した。

 教科書協会との懇談は7月28日に行う。9月には教科書協会加盟の教科書会社を対象にNIEの勉強会を開く。関連して議事に先立ち、東京書籍の千石雅仁専務取締役編集局長が「教科書に根付く新聞―現状と今後の課題」をテーマに講演した。

 販売委員会と作成しているNIE普及に向けたパンフレットは、教育現場への送付分を含め約60万部印刷する。学校図書館への新聞配備の予算措置を紹介する新聞広告案も了承した。

 2014年度NIE実践指定校に47都道府県568校を選んだ。うち326校は前年度からの継続で、今年新たに選ばれたのは242校。NIEの先進的な取り組みを実施する「奨励枠」は15都道県29校、「全国大会枠」は4県19校。校種別内訳を見ると、小学校240、中学校197、高校112、特別支援学校3、高等専門学校1、小中連携6、中高連携9だった。

 7月31日から2日間、徳島市で開かれる第19回NIE全国大会は、約800人が参加する。2015年7月30、31日に秋田市で開く第20回大会のテーマは「『問い』を育てるNIE~思考を深め、発信する子どもたち」に決まった。16年の第21回大会(大分市)は、8月4、5の両日に開く。

 新聞博物館の企画展に関し、15年1月から3月まで東京写真記者協会との共催で「2014年報道写真展」を開くことを決めた。

ページの先頭へ