1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 河北、仙台医師会と連携 大規模災害時の情報提供で

河北、仙台医師会と連携 大規模災害時の情報提供で

 河北新報社は7月15日、仙台市医師会と大規模災害時の情報提供で連携すると発表した。患者の受け入れが可能な病院などの情報を市医師会から受け、紙面やニュースサイトに掲載する。

 情報提供の対象は、市医師会加盟の745医療機関。仙台市内や周辺で地震や津波、台風、火災などで大きな被害が出た場合、市医師会が診療を再開した医療機関名を河北にメールやファクスなどで伝える。

 東日本大震災では、大きな病院の診療再開ばかりが報道されて患者が集中、診療に支障が出たとして、市医師会側から改善の働き掛けがあった。

ページの先頭へ