1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 山梨日日、電子サービスを刷新 ニュースオアシス版は終了

山梨日日、電子サービスを刷新 ニュースオアシス版は終了

 山梨日日新聞社は8月18日、現行の電子サービスを刷新し、「山梨日日新聞電子版『さんにちEye』」を9月3日に創刊すると発表した。会員制ニュースサイトで電子版独自記事や速報、本紙の紙面イメージなどを配信する。共同通信社の電子新聞配信プラットフォーム「ニュースオアシス」で提供している朝刊電子版と電子夕刊「Web Sannichi Evening」、無料ニュースサイト「みるじゃん」は同2日で終了する。

 料金は本紙購読料に加え税別月700円、電子版単独コースは同3100円。記事検索のみ利用できる個人向けプラン(月150回検索で5千円、同50回で2千円)も設定した。共同の会員管理・課金システムを利用する。

 パソコン、タブレット、スマートフォンから閲覧できる。

 藤原弘取締役編集・コンテンツ担当コンテンツ事業局長は「紙面を配信するだけでは読者は増えない。デジタルの特徴を生かし、ニュース速報を充実させ、分野別に記事をまとめるキュレーション機能も設けたい」と話している。

ページの先頭へ