1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 在京5紙でハッカソン ニュースアプリ開発

在京5紙でハッカソン ニュースアプリ開発

新聞協会が後援

 在京5紙が協力し、参加者がソフトウエアの開発成果を競うハッカソン「新聞5紙 NEWS HACKDAY」が10月18、25の2日間、東京・渋谷の朝日新聞社メディアラボ渋谷オフィスで開かれた。「ニュースの新しい読み方、楽しみ方」をテーマに、一般のエンジニアら49人が12チームに分かれ、各紙の記事や写真データを自由に使ってニュースアプリなどを開発した。

 朝日のメディアラボが主催し、毎日、読売、日経、産経が共催。新聞協会が後援した。

 最優秀賞には、親が子に読んでほしいニュースを毎日届けるサービス「べんとータイムズ」が選ばれた。母親が子供に毎朝持たせる弁当をモチーフに、読ませたい記事を選び、弁当箱を模したアプリ内でまとめ、スマートフォンの通信機能を使って子供に渡す仕組みだ。新聞が本来持つ大衆伝達機能とは対照的に、親がたった1人に向けて記事を届けようとする試みの将来性が評価された。

 審査員から高評価を受けたアイデアのうち、法人にターゲットを絞ったアプリ「CompaNews」は、気になった記事にコメントを付けて同僚と共有することができる。ニュースを通じた社内コミュニケーションの円滑化を提唱した。個人投資家に向けた「モウカルニュース」は、設定した投資テーマに合致する記事を表示し、投資情報を深く追えるサービスだ。

 このほか、記事本文を解析して川柳を自動作成するサービスなど、ニュースを身近で楽しめるアイデアも示された。

 朝日の高田覚メディアラボ室長は「若い世代が紙の新聞から離れ、ニュース接触の方法が変わっている中で、記事の見せ方も変化させないといけない。そうした課題を共有する5社で協力し、新しいニュース接触の形を示すことができた。今日出されたアイデアをさらに発展させていきたい」と話している。

ページの先頭へ