1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 北朝鮮、TBS記者に取材拒否 報道内容を事情聴取

北朝鮮、TBS記者に取材拒否 報道内容を事情聴取

 北朝鮮による拉致被害者の再調査をめぐり訪朝した日本政府代表団に同行したTBSの女性記者が10月29日、北朝鮮当局から事情聴取され、同日午前の取材ができなかった。同社は同30日午後、北朝鮮政府宛てに抗議文を送った。

 TBSによると、記者は29日朝、他の記者とともに協議取材に行くために車に乗ろうとしたところ、北朝鮮の当局者に拒まれた。日本の外務省職員の立会いの下、2時間以上にわたり、前日の報道内容について事情を聞かれた。午後には通常の取材活動に戻った。西野智彦報道局長は「報道内容に問題があったとは考えていない」としている。

 日本政府代表団は、同日午後の協議で報道の自由の重要性を指摘し、北朝鮮側に遺憾の意を伝えた。菅義偉官房長官は会見で「どんな意図でこんなひどいことをしたのか、抗議するのは当然だ」と述べた。

ページの先頭へ