「N―SIZE」拡充を了承【広告委員会】

色見本更新、技術委に協力要請へ

 第55期第6回広告委員会は11月14日、事務局会議室で開かれ、新聞協会推奨制作サイズ「N―SIZE」を拡充し、天地3、2、1段と、左右二連版、2分の1幅サイズを策定することを了承した。出稿運用の可否を各社に尋ね、来年初旬をめどに運用を始める。

 現行は全幅の15、10、7、5段の4サイズで運用。新たな共通入稿サイズの導入で、一斉出稿される新聞広告の大半をカバーできるという。

 新聞カラー広告色見本「NSAC」(日本新聞アドカラー)の更新に向け、技術委員会への協力要請を決めた。策定から8年が経過し、色見本キットの製造が困難になっていた。印刷技術の向上も踏まえ、2015年度から検討を始める。

ページの先頭へ