1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. 「いっしょに読もう!新聞コンクール」表彰式開く 新聞協会

「いっしょに読もう!新聞コンクール」表彰式開く 新聞協会

最優秀賞者ら、記者と対談

 新聞協会の第5回「いっしょに読もう! 新聞コンクール」表彰式が12月13日、横浜市の新聞博物館(ニュースパーク)で開かれた。小中高校3部門の最優秀賞と「HAPPY NEWS賞」の受賞者4人が、記事を執筆した記者らと対談した。

 冒頭、南砂博物館・NIE委員長(読売東京)は「多くの小・中学生、高校生が新聞を手に取り記事と真剣に向き合ったことを、新聞の作り手としてうれしく思う」とあいさつした。引き続き、受賞者と記者が対談した。

 普段から子供新聞を読んでいる富山県舟橋村立舟橋小5年の島木琴子さんは、生後間もなく置き去りにされた女性を紹介した記事を取り上げた。「見出しの『要らない子』という言葉を見つけたときに衝撃を受けた」と明かした。取材した読売東京の稲垣信北海道支社記者が記事に登場した女性からのお祝いのメッセージを伝えると、喜びの表情を浮かべた。

 津市立西郊中3年の中村真子さんは、妻の臓器提供を決断した男性の心境を追った記事を取り上げた。「以前から関心を持っていた臓器提供に関する記事を見つけ、真剣に向き合う機会だと思い、しっかり家族と話し合った」と話した。中日の中崎裕社会部記者は「臓器提供件数の減少を受け、読者に考えて、話し合ってほしいと思い記事を書いた。書き手のメッセージをしっかり受け取ってもらってうれしい」と喜んだ。

 神奈川県立川和高1年の吉冨綾華さんは、発想力を生かす「たまご落としコンテスト」の記事を取り上げ、「失敗を恐れず、まずやってみることが重要だと思った」と話した。朝日東京の杉原里美社会部記者は「試してみることが思わぬことにつながる。同様に新聞を読めば予期せぬ記事に出合える」と述べた。

 HAPPY NEWS賞を受賞した愛知県碧南市立大浜小5年の藤田歩さんは、学校のNIE授業をきっかけに新聞を読むようになったという。「声のドナー活動」の記事を取り上げ、その後、ボランティアにも実際に参加。記事を書いた中日の中崎記者は「新聞は社会の窓だ。どんどん新聞を読んで社会に関心を持ってほしい」と応援した。

ページの先頭へ