春の新聞週間 4月6日(ヨム日)から

 4月6日の「新聞をヨム日」から春の新聞週間が始まる。新聞協会は、新聞読者をはじめ、若年層や子育て世代の無購読者に向け、多彩な取り組みを実施する。

 新聞メディアの強化に関する委員会は6、7の両日、全国3か所で「HAPPY NEWS 2014」の贈賞イベントを開催。東京では6日、「HAPPY NEWS スクラップブッキング」企画の発表イベントも合わせて開く。このほか、新聞の公共性や有用性を語る著名人インタビューの記事素材を会員各社に配信。販売委員会は新聞を読んでいない子育て世代向けに新聞をPRする冊子を作成した。

 「HAPPY NEWS」の入賞作をまとめた「HAPPY新聞」は、今回から「HAPPY NEWS」に改称。アートディレクターの森本千絵さんが、スクラップブッキングと合わせてデザインを担当した。

 春の新聞週間に当たり、新聞の公共性をPRする記事素材として、脳科学者の茂木健一郎氏や医師で作家の鎌田實氏のインタビューを配信。若者に訴求力のあるAKB48の内山奈月さんのインタビューも合わせて送付した。

 新聞博物館(ニュースパーク、横浜市)では、7~12日に「HAPPY NEWS」関連の展示を実施する。

ページの先頭へ