1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. 「ルール守った販売活動を」 公取協 臨時会員総会 会長に飯田氏(朝日)を選出

「ルール守った販売活動を」 公取協 臨時会員総会 会長に飯田氏(朝日)を選出

 新聞公正取引協議会は4月16日、東京・大手町の経団連ホールで臨時会員総会を開き、朝日の飯田真也氏(新聞協会理事、販売改革特別委員会委員長、朝日新聞社代表取締役会長)を会長に選出した。任期は2年。会長は慣例として、新聞協会の販売改革特別委員会委員長が務める。飯田新会長は、木村伊量前会長の退任を受け、1月度の理事会で販売改革特別委員会委員長を委嘱されていた。

 飯田会長は、新聞が軽減税率の適用対象に認められるための正念場にあることや、消費者契約法の見直しで新聞に対する過剰な営業規制の恐れがあることを指摘。「我々の主張が消費者や社会の理解を得るためには、ルールを守った販売活動により、新聞に対する読者や社会の信用を高めなければならない」と訴えた。

 16日現在の会員数は発行本社103、販売業者92。販売業者側の会員として、日刊工業が入会した。臨時総会には代議員190人(委任を含む)、地区別協議会委員長らオブザーバー14人が出席した。

ページの先頭へ