1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 「デジタル毎日」開始 記事閲読にメーター制導入

「デジタル毎日」開始 記事閲読にメーター制導入

 毎日新聞社は6月1日、電子新聞サービス「デジタル毎日」を始めた。ニュースサイト「毎日新聞」を原則有料化し、記事閲読にメーター制を導入。本紙購読者は本紙と合わせて月4577円(税込み、統合版地域は3633円)で「愛読者プレミアム会員」として、非購読者は月額3456円の有料会員に登録すれば、全ての記事で読むことができる。

 新サービスは、「『新聞は読みたいが紙は不要』などといった非購読者のニーズに応える」(社長室広報担当)ことが狙いだ。

 速報ニュース、社説などは閲覧制限を設けないが、紙面掲載記事やウェブ独自の記事はほぼ全て有料。無料会員は有料会員向け記事を月10本まで閲覧できる。非会員の有料記事閲覧は月5本まで。

 ウェブの独自コンテンツとして「経済プレミア」「医療プレミア」を設けた。有料会員はこれらの記事を全て読むことができる。

 購読者対象の「愛読者会員」は従来通り紙面ビューアーなどのサービスを受けられるほか、有料記事を無制限に見られる。ただし、経済・医療コンテンツの閲覧は月10本まで。

 また、タブレット端末と有料サービスを組み合わせた「タブレットセット」を設けた。毎月7GBまで使えるデータ通信SIMカードが付いた8インチのタブレット端末を月額5378円で提供し、有料会員サービスを活用できる。最低利用期間は2年。

ページの先頭へ