1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. 個人情報シンポジウム開催へ【編集委員会】

個人情報シンポジウム開催へ【編集委員会】

 第758回編集委員会は6月11日、事務局会議室で開かれ、個人情報保護法改正がもたらす萎縮や社会の匿名化といったデメリットを訴えるシンポジウムの開催を決めた。自民党がNHKとテレビ朝日の番組について関係者を聴取したことに関し、小川一代表幹事(毎日東京)は当該社が対応すべき事案だとした上で「報道の自由を脅かすものに対しては断固とした態度で臨む」と発言した。

 新聞著作権小委員会の正副委員長と幹事は6月10日、自民党知的財産戦略調査会コンテンツ小委員会のデジタル時代の著作権に関するヒアリングに出席し、「権利制限の一般規定」(フェアユース規定)の拙速な導入に反対するとの意見を述べた。

 平成27年度新聞協会賞編集部門の「写真・映像」専門審査委員会委員を決めた。このほか、第57次南極観測隊に十勝毎日の塩原真記者が同行することを了承した。

自民党の放送局聴取「報道の自由脅かす」 小川一代表幹事(毎日東京)の発言

 言論・報道の自由は民主主義社会を支える礎であり、国民の知る権利に奉仕する新聞協会は、この自由を脅かすものに対しては断固とした態度で臨み、はね返すことをあらためて確認する。報道の自由が守られるよう、加盟各社は広く発信していくことを互いに確認し合いたい。

ページの先頭へ