1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. 会長に白石氏(読売)を再任【会員総会】【理事会】 

会長に白石氏(読売)を再任【会員総会】【理事会】 

副会長は熊坂(産経)、村田(北海道)、山本(中国)氏

 新聞協会の第110回定時会員総会は6月17日、東京・内幸町のプレスセンターホールで開かれ、2年の任期満了に伴い理事・監事を改選した。引き続き開かれた第807回理事会で、白石興二郎会長(読売新聞グループ本社代表取締役社長、読売新聞東京本社代表取締役会長)を再任した。副会長の熊坂隆光氏(産経新聞東京本社代表取締役社長)、村田正敏氏(北海道新聞社代表取締役社長=22日に同会長に就任)、山本治朗氏(中国新聞社社主兼代表取締役会長)の3氏も再選した。

 総会に先立ち開かれた第806回理事会で、6月10日の内閣府消費者委員会・特定商取引法専門調査会のヒアリングで、調査会メンバーが陳述中に不適切な対応をとったことを重く見て、正式に抗議することを決めた。聴取では、ステッカーによる勧誘規制は健全な営業活動が排除される恐れがあるとして、あらためて反対する考えを示している。

 総会では、理事45人・監事5人を選任した。理事について、読売大阪から杉山美邦代表取締役社長に、福島民報から高橋雅行代表取締役社長に、山陰中央から松尾倫男代表取締役社長に変更したとの届け出があり、了承した。このほか、2014年度の決算を承認。事業、公益目的支出計画実施報告を了承した。

 総会終了後、新役員による理事会を開き、会長に白石氏を、副会長に熊坂、村田、山本の3氏を選んだ。川嶋明専務理事、國府一郎理事待遇・事務局長も再任、鳥居元吉顧問は退任した。

 白石会長は、運営委員会委員を副会長と飯田真也(朝日東京)、朝比奈豊(毎日東京)、山口寿一(読売東京)、岡田直敏(日経)、一力雅彦(河北)、小坂壮太郎(信濃毎日)、大島寅夫(中日)、越宗孝昌(山陽)、川崎隆生(西日本)の各理事に委嘱した。各特別委員会の委員長は飯田(販売改革)、朝比奈(再販対策)、岡田(税制対策)、熊坂(倫理)、村田(災害対策)の各運営委員が務める。

 白石会長は「新聞界を取り巻く環境は厳しく、諸課題を抱えている。全力を尽くす」とあいさつした。

ページの先頭へ