1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞協会ニュース
  4. ハッピースクラップ帳 活用法の説明会開く 新聞協会

ハッピースクラップ帳 活用法の説明会開く 新聞協会

 新聞協会は7月10日、切り抜いた新聞記事・広告などを貼って楽しむ「ハッピースクラップ帳」の活用法に関する説明会を事務局会議室で開いた。加盟紙の販売や広告担当者など20社23人が参加。企画の概要や活用例を紹介した。出前授業や新聞社主催のワークショップでの利用も期待される。

 ハッピースクラップ帳はアートディレクターの森本千絵さんがデザイン。普段新聞を読んでいない若年層に新聞に触れる機会を提供し、体験するきっかけを作りたいと企画した。

 同企画は、小中学校のNIE担当者の研修会でワークショップを実施するなどNIEとも連携している。

 近日中に、台紙やシール、説明書などがついたキットの購入案内を各社に送付する。キットの中身は個別での注文も可能。問い合わせは企画開発担当(03・3591・4637)まで。

ページの先頭へ