1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. NHKに重大な倫理違反 BPOが意見書

NHKに重大な倫理違反 BPOが意見書

総務省・自民党を批判

 NHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったと指摘された問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長=川端和治弁護士)は11月6日、「重大な放送倫理違反があった」との意見書を公表した。総務省がNHKを厳重注意したこと、自民党が同局幹部を事情聴取したことも批判した。BPOによると、委員会決定で総務省と自民党を批判したのは初めて。

 問題となったのは、出家を利用した手口で銀行融資をだまし取る詐欺について報じた2014年5月の回。4月に同様のテーマで放送された別の番組も審議対象となった。寺院などへのあっせんを手掛けるブローカーに多重債務者が相談する場面を放送していた。

 意見書によると、番組にブローカーとして登場した男性は、出家のあっせんで多額の報酬を得ていたとは言えないとした。多重債務者の訪問を偶然撮影したように見せているものの、2人は記者と知り合いだった。これらを踏まえ、「事実と著しく乖離(かいり)した情報を数多く伝えており、NHKの放送ガイドラインに反している」と批判した。

 相談場面は、記者が現場に立ち会っていたにもかかわらず、隠し撮りのように映すことで、取材相手の許諾なしに撮ったと視聴者に誤解を生じさせたと指摘。「報道番組で許容される演出の範囲を著しく逸脱した表現だ」とした。

 一方、総務相名でNHKを厳重注意する文書が出されたことに対して「極めて遺憾」だと表明。自民党がNHK経営幹部に事情聴取したことに関しても、「放送の自由に対する政権党による圧力だ」と非難した。川端委員長は記者会見で「BPOが第三者として意見を述べ、それに放送局が応じることで自律的に改善してきた。政府・与党が放送局に圧力を掛けたようにみえるのは問題だ」と訴えた。

 NHKは「事実に基づき正確に報道するという原点を再確認し、現在進めている再発防止策を着実に実行して、信頼される番組作りにあたっていく」とのコメントを出した。

ページの先頭へ