特商法の審議動向を注視【販売委員会】

 第594回販売委員会は11月19日、事務局会議室で開かれ、内閣府消費者委員会の特定商取引法専門調査会の審議概要について報告があった。同調査会では、訪問販売や電話勧誘販売規制に関し審議が続いており、引き続き動向を注視する。

 同調査会がまとめた中間整理に関し消費者委が実施したパブリックコメントには、4万315件の意見が寄せられた。訪問販売・電話勧誘販売に関する総論的な意見、勧誘規制に関する意見については、規制強化に反対もしくは慎重な声が3万9428件、積極的な声が545件だった。

 10月15日からの新聞週間に合わせ、各地区・支部の新聞公正取引協議会が実施した試読紙配布などの取り組みに関し報告があった。

ページの先頭へ