1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 最優秀に「政治ポータル」 「私の提言」入賞作を発表 広告委

最優秀に「政治ポータル」 「私の提言」入賞作を発表 広告委

 新聞協会広告委員会は2016年1月26日、第6回「私の提言―明日の新聞広告・新聞ビジネス」の入賞作品を発表した。最優秀賞は読売東京のマーケティング戦略部・藤木康裕氏による「“政治ポータル”としての新聞社イメージの再構築と広告展開~18歳選挙権とネット選挙がもたらす可能性」に決定した。そのほか優秀賞1件、入選7件を選んだ。

 藤木氏は、18歳選挙権の実現により主権者教育で新聞の活用が想定され、若者が新聞に触れる機会を増やすことになると指摘。紙面やウェブサイトなどで分かりやすい政治情報を発信し、信頼できる情報源としての「政治ポータル」の地位を確立することを提案した。政治と有権者をつなげる新しい広告展開が可能になるとした。

 優秀賞は北海道の東京支社営業部・北川涼子氏の「地方紙による地域ブランド育成プロジェクト」が選ばれた。都内で地域産品を販売する期間限定店舗を設けた自社の取り組みを紹介。地域ブランドの育成が、地元の活性化や新聞社の発展につながると提言した。

 応募総数は126件。表彰式は2月12日、東京・内幸町のレストラン・アラスカで行う。

→入選作品一覧はこちら

ページの先頭へ