1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 2015年度ボーン・上田賞に塩澤氏(共同)

2015年度ボーン・上田賞に塩澤氏(共同)

 ボーン・上田記念国際記者賞委員会は2月19日、2015年度の同賞を共同通信社の塩澤英一外信部次長に贈ると発表した。優れた報道活動で国際理解に貢献した記者個人に贈られる。

 塩澤氏は、報道規制が厳しい中国でとくに取材が難しい人民解放軍の動向を地道に取材。中国空軍による西太平洋での制空権強化の方向と、戦略装備の内容などについて、他の内外メディアに先がけて特報した。中国の早期警戒用実験衛星の打ち上げ計画、サイバー攻撃訓練の重視など、世界が注視する中国の軍事・安全保障の新しい動きをいち早く伝えた。米国や香港などの海外メディアもこれらの特報を報道している。

 授賞式は3月17日。受賞記念講演会は新聞博物館(ニュースパーク)と共催で翌18日に行う。会場はいずれも東京都千代田区の日本記者クラブ会見室。講演会は先着80人。申し込みは新聞通信調査会(03・3593・1081)まで。

 〈塩澤氏略歴〉慶大卒。1987年入社。社会部、ジャカルタ支局、中国総局などを経て、11年から現職。52歳。

ページの先頭へ