1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. LINEでニュース配信 地方17紙が新たに参入

LINEでニュース配信 地方17紙が新たに参入

 全国紙などが参入しているLINE(ライン)のニュース配信事業に3月22日、新たに地方17紙が加わった。

 今回参入するのは東京、北海道、東奥、河北、秋田魁、福島民報、福島民友、下野、神奈川、静岡、福井、京都、山陽、愛媛、西日本、佐賀、沖タイ。ぐるなびなど5つの専門媒体と合わせ全60メディアが参加する。

 新聞社のアカウントを登録すれば1回当たり8本の記事が無料で配信される仕組み。配信の頻度は社によって異なる。

 今後、記事中に広告を掲載するスペースを設ける。収益は新聞社とラインの折半を基本とする。6月までにラインが独自に算出する「利用者の満足度の高さ」によって媒体により多くの収益を還元する仕組みを導入する。

ページの先頭へ