1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 山形で10月18日に新聞大会 新聞週間日程決まる

山形で10月18日に新聞大会 新聞週間日程決まる

公開PRイベントも

 10月15日から始まる新聞週間の日程が決まった。メーン行事の第69回新聞大会は18日、山形市のテルサホールで開催する。研究座談会は新聞協会の白石興二郎会長(読売)をコーディネーターに「新聞界の直面する諸課題―逆風を乗り越える新聞経営」をテーマに討議する。大会に合わせ公開PRイベントを行う。新聞閲読コーナーを設けるほか、記事の切り抜き体験や「しんぶんのうた」コンサートも予定する。

 大会式典では新聞大会決議の採択、新聞協会賞の授賞式を行う。工業デザイナーの奥山清行氏が「デザインとモノづくりで地方創生」をテーマに、地方を活性化するために新聞は何をすべきかについて講演する。

 研究座談会は白石会長のほか、パネリストとして渡辺雅隆(朝日)、岡田直敏(日経)、村田正敏(北海道)、寒河江浩二(山形)、松田正己(山陽)の各氏が登壇。新聞経営を巡る諸課題について意見を交わす。

 新聞PR企画は14日から3日間、山形市の商業施設・イオンモール山形南で開く。新聞の閲読や記事の切り抜き体験コーナーを設け、若者や家族連れを対象に新聞の魅力をアピールする。シンガーソングライターの佐藤梓さんによる「しんぶんのうた」コンサートも予定されている。

 12日には山形新聞社と共催で「新聞と18歳選挙権フォーラム」を東北芸術工科大(山形市)で開く。東大前総長の浜田純一氏による基調講演を聞くほか、タレントの春香クリスティーンさんをゲストスピーカーに迎え18歳からの政治参加について考える。

 20日の「新聞広告の日」記念式典はザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区)で開催する。新聞広告賞、新聞広告クリエーティブコンテストの贈賞式を行う。

 このほか、東京、大阪、名古屋、福岡の4地区で、一般読者を対象に「記念の集い」を開催する。東京地区は21日にプレスセンターホールで開く。

前のページ

次のページ

ページの先頭へ