1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 昭和8年の報道写真展 ニュースパークで開幕

昭和8年の報道写真展 ニュースパークで開幕

 ニュースパーク(新聞博物館)の企画展「こんな時代があった 報道写真『昭和8年』」が10月1日、開幕した。日本の国際連盟脱退、ドイツのナチス政権発足など、戦争の足音が迫る1933年当時の世相を、日本電報通信社の配信録「電通アルバム」に残された写真を中心に振り返る。共同通信社との共催。

 ベルリンでの戦没者追悼式に臨むヒトラーの写真や、喜劇王と呼ばれたチャプリンと劇作家のバーナード・ショーが並ぶスナップ、東京・築地の中央卸売市場の空撮写真など約140点が並ぶ。電通アルバムから選んだ100点に、共同の所蔵写真を加えた。

 電通アルバムは、古写真収集家の石黒敬章氏のコレクション。当時の配信写真は日本電報通信のニュース配信業務を引き継いだ同盟通信により、終戦直後にほとんどが焼き払われた。石黒氏は2014年、同盟から持ち出され、焼失を免れたとみられる2冊の配信録を入手した。

 1冊は、外国通信社が配信したとみられる1933年の海外ニュース写真のアルバム。もう1冊には国内外の空撮写真が収められていた。石黒氏が電通アルバムの写真を本格的に公開するのは初めて。

 企画展は12月25日まで。会期中に石黒氏、写真家の安田菜津紀氏のトークショーを開く。

前のページ

ページの先頭へ