1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. NIE委 新聞活用の明記求める 指導要領巡り文科省に意見書

NIE委 新聞活用の明記求める 指導要領巡り文科省に意見書

 新聞協会NIE委員会は10月4日、次期学習指導要領に「新聞の活用」を引き続き明記するよう求める意見書を文部科学省に提出した。同省の意見募集に応じた。中教審が指導要領改訂の基本方針に掲げる「社会に開かれた教育課程」の実現はNIEの目的、理念と合致し、新聞は社会と学校をつなぐ学習材として最も適していると述べた。

 NIE委は、選挙権年齢が引き下げられて主権者教育の充実が求められる中、民主主義の担い手となるための知識を偏りなく得る上でも新聞は有用だと指摘。複数紙の読み比べは考察力を伸ばすとして、国語や社会の学習効果を高めるためにも新聞活用をさらに進めるべきだと主張した。

 中教審は意見募集の結果や関係団体へのヒアリングを経て、年内をめどに答申を出す。

ページの先頭へ